« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

29日の金相場・プラチナ相場日記

10/29 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,698円/g
銀  :68,460円/kg
プラチナ: 4,714円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,625円/g
銀  :64,470円/kg
プラチナ: 4,526円/g
●前日比
金  : +8円
銀  : +210円
プラチナ: -21円

ニューヨーク商品取引所27日の金塊先物相場は対ユーロでのドル高を受けて下落、前日比$15.80安の$1322.20で取引を終了した。米国の追加金融緩和の規模が市場予想よりも小さくなるとの見方から対ユーロでドルが買い戻され、金相場は売り優勢の展開となった。株安も圧迫要因となり、一時1,320ドルを割り込むなど大きく値位置を切り下げた。

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木)

28日の金相場・プラチナ相場日記

10/28 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,690円/g
銀  :68,250円/kg
プラチナ: 4,735円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,618円/g
銀  :64,260円/kg
プラチナ: 4,547円/g
●前日比
金  : -30円
銀  :-1050円
プラチナ: -55円

ニューヨーク商品取引所27日の金塊先物相場は対ユーロでのドル高を受けて下落、前日比$15.80安の$1322.20で取引を終了した。米国の追加金融緩和の規模が市場予想よりも小さくなるとの見方から対ユーロでドルが買い戻され、金相場は売り優勢の展開となった。株安も圧迫要因となり、一時1,320ドルを割り込むなど大きく値位置を切り下げた。

| | コメント (0)

28日の金相場・プラチナ相場日記

10/28 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,690円/g
銀  :68,250円/kg
プラチナ: 4,735円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,618円/g
銀  :64,260円/kg
プラチナ: 4,547円/g
●前日比
金  : -30円
銀  :-1050円
プラチナ: -55円

ニューヨーク商品取引所27日の金塊先物相場は対ユーロでのドル高を受けて下落、前日比$15.80安の$1322.20で取引を終了した。米国の追加金融緩和の規模が市場予想よりも小さくなるとの見方から対ユーロでドルが買い戻され、金相場は売り優勢の展開となった。株安も圧迫要因となり、一時1,320ドルを割り込むなど大きく値位置を切り下げた。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

27日の金相場・プラチナ相場日記

10/27 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,720円/g
銀  :69,300円/kg
プラチナ: 4,790円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,647円/g
銀  :65,310円/kg
プラチナ: 4,602円/g
●前日比
金  : +30円
銀  :+2000円
プラチナ: +68円

ニューヨーク商品取引所26日の金塊先物相場はドル相場や経済指標を眺めて売り買いが交錯する中、前日比$0.30安の$1338.0で取引を終了した。序盤は対ユーロでのドル反発を嫌気して売りが先行。ただその後は安値拾いの買いに加え、米国の追加金融緩和観測を背景に買い戻され、下げ幅を縮小して引けた。

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

26日の金相場・プラチナ相場日記

10/26 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,690円/g
銀  :67,300円/kg
プラチナ: 4,722円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,618円/g
銀  :63,320円/kg
プラチナ: 4,534円/g
●前日比
金  : -3円
銀  : +100円
プラチナ: +15円

ニューヨーク商品取引所25日の金塊先物相場は対ユーロでのドル安を受けて上昇、前週末比$13.90高の$1338.30で取引を終了した。前週末のG20で「通貨安競争」回避への具体策が提示されなかったことや、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米国が追加金融緩和に踏み切るとの見方から、対ユーロでドルが軟化。これを眺めて金相場は買いが継続し、急反発となった。

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

25日の金相場・プラチナ相場日記

10/25 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,693円/g
銀  :67,200円/kg
プラチナ: 4,707円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,621円/g
銀  :63,210円/kg
プラチナ: 4,519円/g
●前日比
金  : +25円
銀  : +630円
プラチナ: +36円

ニューヨーク商品取引所21日の金塊先物相場は、良好な米経済指標の発表や週末のG20(先進20カ国地域財務相・中央銀行総裁会議)を控えたリスク回避にドルの買い戻しが強まり圧迫、前日比$18.60安の$1324.70で取引を終了した。米追加金融緩和政策への期待からドル安への圧力が続き、一時金相場は堅調な推移を見せていたが、新規失業保険申請件数の減少、9月米景気先行指数と10月フィラデルフィア連銀管轄地区製造業景況指数の上昇にドル買いが支援され圧迫。さらに、週末に韓国で始まるG20を控え、偏ったドル安を警戒し、リスク回避にドルを買い戻す動きが強まった。

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

22日の金相場・プラチナ相場日記

10/22 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,668円/g
銀  :66,570円/kg
プラチナ: 4,671円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,596円/g
銀  :62,580円/kg
プラチナ: 4,483円/g
●前日比
金  : -51円
銀  :-1780円
プラチナ: -41円

ニューヨーク商品取引所20日の金塊先物相場は、米追加金融緩和の規模が予想より拡大するとの期待が膨らみ、ドル安再燃となって支援、前日比$8.20高の$1343.30で取引を終了した。前日の中国による予想外の利上げは、上海株式市場が安定したことで他の市場もしだいに落ち着きみせた。混乱が収まる中、米国シンクタンクのレポートとして「FRBは6ヶ月間で5000億ドル規模の国債購入を検討中」との報道が出され、追加金融緩和の規模拡大期待が広がりドルが再び売り込まれる状況となった。前日の急落で値頃感の買いも加わり堅調相場を取り戻した。

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

21日の金相場・プラチナ相場日記

10/21 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,719円/g
銀  :68,350円/kg
プラチナ: 4,712円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,646円/g
銀  :64,370円/kg
プラチナ: 4,524円/g
●前日比
金  : +15円
銀  :+1050円
プラチナ: +38円

ニューヨーク商品取引所20日の金塊先物相場は、米追加金融緩和の規模が予想より拡大するとの期待が膨らみ、ドル安再燃となって支援、前日比$8.20高の$1343.30で取引を終了した。前日の中国による予想外の利上げは、上海株式市場が安定したことで他の市場もしだいに落ち着きみせた。混乱が収まる中、米国シンクタンクのレポートとして「FRBは6ヶ月間で5000億ドル規模の国債購入を検討中」との報道が出され、追加金融緩和の規模拡大期待が広がりドルが再び売り込まれる状況となった。前日の急落で値頃感の買いも加わり堅調相場を取り戻した。

| | コメント (0)

20日の金相場・プラチナ相場日記

10/20 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,704円/g
銀  :67,300円/kg
プラチナ: 4,674円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,631円/g
銀  :63,320円/kg
プラチナ: 4,486円/g
●前日比
金  : -85円
銀  :-2730円
プラチナ: -87円

ニューヨーク商品取引所18日の金塊先物相場は、序盤はドルが対ユーロで反発したことを受けて軟調となったが、後半はドル安展開で買い戻されてほぼ持ち合い、前日比$0.10高の$1371.20で取引を終了した。いままでの一方的なドル安に調整が入り、ドルは対ユーロで一時買い戻される場面となり、金の買いは手控えられて利食い売りが優勢となった。しかし、発表された9月の米鉱業生産指数が低下すると追加金融緩和観測への意識が強まり、再びドル安に転じて金は買戻しが強まって回復していった。

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

19日の金相場・プラチナ相場日記

10/19 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,789円/g
銀  :70,030円/kg
プラチナ: 4,761円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,716円/g
銀  :66,050円/kg
プラチナ: 4,573円/g
●前日比
金  : +23円
銀  :+1570円
プラチナ: +46円

ニューヨーク商品取引所18日の金塊先物相場は、序盤はドルが対ユーロで反発したことを受けて軟調となったが、後半はドル安展開で買い戻されてほぼ持ち合い、前日比$0.10高の$1371.20で取引を終了した。いままでの一方的なドル安に調整が入り、ドルは対ユーロで一時買い戻される場面となり、金の買いは手控えられて利食い売りが優勢となった。しかし、発表された9月の米鉱業生産指数が低下すると追加金融緩和観測への意識が強まり、再びドル安に転じて金は買戻しが強まって回復していった。

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

18日の金相場・プラチナ相場日記

10/18 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,766円/g
銀  :68,460円/kg
プラチナ: 4,715円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,693円/g
銀  :64,470円/kg
プラチナ: 4,527円/g
●前日比
金  : -61円
銀  :-2410円
プラチナ: -86円

ニューヨーク商品取引所15日の金塊先物相場は、ドルが対ユーロで反発したのを眺めて軟化、前日比$5.60安の$1371.10で取引を終了した。注目されていたバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演は追加金融緩和実施に前向きな内容で、一時ドルは主要通貨に対し下落した。しかし、金融緩和策の金額規模が予想より小さくなる可能性が高まっていることや、その後発表の9月米小売売上高と10月の連銀製造景況指数が事前予想を上回る数値となったことでドルは買い戻された。

| | コメント (0)

2010年10月17日 (日)

なぜ今、マツコ・デラックスなのか!?

コラムニスト、エッセイストとして人気を博し、テレビでもコメンテーターやタレントとして大活動するマツコ・デラックス。ここ最近放送されている様々な秋の特番にも出演するほか、フジテレビ「秋の改編キャンペーン」のイメージキャラクターとしても活躍。

その勢いはますますヒートアップするばかりだ。
もちろんブロガーにもファンは多く、

・やっぱマツコ、オモロいわ〜。
・存在感がすごい。若手のお笑いなんて完全に食っちゃってる。
・毒舌がたまらない。大ファンです。
といったコメントも続々とアップされている。
そんなマツコ・デラックスの特徴とえいば巨体、女装、超毒舌という、個性的という言葉が霞んでしまう ほどのトリプルボム。トゥーマッチなキャラにギブアップ気味というブロガーがいるのも事実だが……しかし!多くの人はガンガンにウェルカムモードの様子 (カタカナばかりでスミマセン!)。

ではブロガーたちはどんな所に魅かれているか、ちょっと趣向を変えて男女別で調査してみた。その結果、女性で多かったのは、

・歯に衣を着せないストレートなトークが最高!
・毒舌だけど愛も感じるよね。
・男よりも男らしい。飲み友達になりたいっス。
・一瞬で笑いがとれるなんて頭いい〜。
といったトークスタイルや感性に対する評価のコメント。表現力&内面に魅力を感じているようだ。
比べて男性は、

・出た! マツコ・デラックス。画面に映ってるだけで笑える。
・最強のインパクトキャラ。喧嘩も強そう。
・他のデブキャラより数段すげえ。めっちゃ好き。
など、見た目やキャラクター性に関わるコメントが多数。インパクトだけでなく、大物芸能人にも迎合しない堂々とした風格にも一目置いている様子。
女性からは中身、男性からは外見、ひっくるめると全てが愛されているという結果となった。

メガマック、メガ牛丼、メガ弁当など、超大盛メニューのブームはそろそろ落ち着きつつあるが、芸能界にドスンと居座る“メガ人”のブームはまだまだこれから!

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

意外なスタバのサービス

おいしいコーヒーとおしゃれな店内。本格的なコーヒーを楽しむ人たちが愛好するスターバックスは通常のメニューだけでも相当数のラインナップがあります が、実際はそれだけじゃないんです。スターバックスはあなた好みのオリジナルフレーバーを提供してくれ、コーヒーファンにとってはうれしい存在なのです。 今回はそんなスターバックスを120%楽しむ方法をご紹介します。


■カスタマイズ
スターバックスの店頭にあるメニューは私たちが楽しめるメニューのごく一部に過ぎません。スターバックスは私たちのオーダーに合わせたドリンクを作ってく れるお店です。そのバリエーションはあなたが思っている以上のものであること間違いなし。今回は自分に合ったフレーバーを楽しむためのポイントをご紹介し ます。

まず、スターバックスのドリンクをあなた好みの調合・トッピングで仕上げることを「カスタマイズ」と言います。カスタマイズでできることは……

■無料
・エスプレッソショットのリストレット:量を少なめに抽出したショット
・ミルクの種類の変更:無脂肪乳、低脂肪乳
・ミルクの温度調整:熱々に、ぬるめに
・ソースの追加:チョコレートソース、キャラメルソース
・シロップの量の変更・調整(たとえばノンシロップとかも、実はおいしい発見があるのです)
・ホイップクリームの量の変更・調整:基本量の1.5倍まで
・ミルクの量の変更・調整 (オールミルクで楽しめるドリンクも多いです)
・ミルクの泡の量の調整
・コンディメント:ココア・シナモン・バニラパウダー、ミルク(牛乳/無脂肪乳/無調整/コーヒー用クリーム)、はちみつ、ガムシロップ等
・ノンアイス (Non Ice) :氷なし
・基本的にドリンクレシピに入っているものから何かを抜く場合は無料でカスタマイズが可能です。

■有料
・エスプレッソショットの追加
・シロップの変更・追加(Be Juicy!以外のすべてのドリンク)
・ミルクを豆乳に変更
・ホイップクリームの追加
・チョコレートチップの追加

■自分好みに
いろいろと試しながら1番好きなフレーバーを見つけるのもスターバックスの楽しみであり魅力の一つです。ドリンクのほか、スターバックスではスコーンや ケーキ、ドーナツなど、おいしいサイドメニューも充実しています。こちらも季節限定商品あり! 意外と知られていないおいしい食べ方として、このサイドメ ニューもカスタム可能。
「ブルーベリークリームスコーン+ホイップ+チョコソース」など・・・ほかにもいろいろなバリエーションが考えられます。こちらもいろいろ試してみる価値ありです。

■タンブラー
スターバックスマニアなら必ず持っていたいタンブラー。多種多彩なデザインで、レアなものもあり。海外の限定ものや、京都や大阪などのご当地限定もの、ス ターバックスマニアならいくつも集めてしまいます。サイズは240ml、350ml、470ml、590mlなどがあります。

■タンブラーを持っていると
タンブラーを持っている人にうれしいことはたくさん。通常の注文でもタンブラー使用だと20円引きになります。これはスターバックスのタンブラーでなくてもOK! そして、スターバックスのタンブラーを購入すると、ドリンクが一杯無料でもらえます。

■コーヒーセミナー
スターバックスでは店舗にてコーヒーセミナーが行われ、バリスタがさまざまなコースを組んでコーヒーの魅力を伝えてくれます。たとえば、下記のようなコースがあります。
・エスプレッソ編(家庭用エスプレッソマシンでラテやカプチーノなども作ってみることができます)
・ハンドドリップ編(ペーパードリップを中心に、自分でおいしいコーヒーを入れるコツを学びます)
・フードペアリング編(フードペアリング:コーヒーとフードがお互いに尊重し合うかのように引き立て合う関係のこと→スターバックスのコーヒーとフードのおいしい組み合わせを教えてもらいます)

特典としてお土産に非売品グッズがもらえるのも大きな魅力です。ちなみに、コーヒーセミナーは店舗ごとの実施なので、受講料など詳しくはお近くの店舗にお問い合わせください。

スターバックスの可能性は無限大。あなただけのオリジナルドリンクで、毎日を少しすてきに味わってみませんか?

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

15日の金相場・プラチナ相場日記

10/15 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,827円/g
銀  :70,870円/kg
プラチナ: 4,801円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,754円/g
銀  :66,890円/kg
プラチナ: 4,613円/g
●前日比
金  : +9円
銀  :+1150円
プラチナ: -17円

ニューヨーク商品取引所13日の金塊先物相場は米国の追加金融緩和観測を背景に上昇、前日比$23.80高の$1369.50で取引を終了した。前日に公表されたFOMC議事録を受けて追加緩和実施への期待感が一段と高まり、主要通貨に対してドルが下落。金相場はドル安をきっかけにファンド筋の買いが膨らみ、史上最高値を大幅に更新した。

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

14日の金相場・プラチナ相場日記

10/14 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,818円/g
銀  :69,720円/kg
プラチナ: 4,818円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,746円/g
銀  :65,730円/kg
プラチナ: 4,630円/g
●前日比
金  : +56円
銀  :+2310円
プラチナ: +66円

ニューヨーク商品取引所13日の金塊先物相場は米国の追加金融緩和観測を背景に上昇、前日比$23.80高の$1369.50で取引を終了した。前日に公表されたFOMC議事録を受けて追加緩和実施への期待感が一段と高まり、主要通貨に対してドルが下落。金相場はドル安をきっかけにファンド筋の買いが膨らみ、史上最高値を大幅に更新した。

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

13日の金相場・プラチナ相場日記

10/13 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,762円/g
銀  :67,410円/kg
プラチナ: 4,752円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,689円/g
銀  :63,420円/kg
プラチナ: 4,564円/g
●前日比
金  : -22円
銀  : +0円
プラチナ: -48円

ニューヨーク商品取引所12日の金塊先物相場はドル高や利益確定の売りに下落、前日比$7.60安の$1345.70で取引を終了した。対ユーロでのドル安が一服したことや、史上最高値更新後の利益確定の売りに押され、金相場はマイナスサイドに転じた。原油相場の下落も圧迫要因となった模様。ただ、引け後に公表された9月のFOMC議事録で追加緩和実施の可能性が示されたことから、時間外取引ではやや下げ幅を縮小した。

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

12日の金相場・プラチナ相場日記

10/12 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,784円/g
銀  :67,410円/kg
プラチナ: 4,800円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,711円/g
銀  :63,420円/kg
プラチナ: 4,612円/g
●前日比
金  : +33円
銀  :+1470円
プラチナ: -37円

ニューヨーク商品取引所11日の金塊先物相場は売り買いが交錯した後に上昇、前週末($1344.20)比$9.10高の$1353.30で取引を終了した。序盤はドルが対ユーロで急反発したことを嫌気して売り優勢の展開。ただその後は、安値拾いの買いや米国の追加金融緩和観測を受けて上昇し、終値ベースでの史上最高値を更新した。

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

8日の金相場・プラチナ相場日記

10/08 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,751円/g
銀  :65,940円/kg
プラチナ: 4,837円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,679円/g
銀  :61,950円/kg
プラチナ: 4,649円/g
●前日比
金  : -51円
銀  :-1890円
プラチナ: -57円

ニューヨーク商品取引所7日の金塊先物相場は、欧州中央銀行のトリシェ総裁によるドル安牽制発言を受け、ドルが対ユーロで上昇に転じたことを嫌気して利食いや調整売りに下落、前日比$12.50安の$1333.90で取引を終了した。日増しに強まる米追加金融緩和観測にドル安が一段と進み、金相場は一時1360ドルを超える取引となったが、トリシェ総裁の定例記者会見で、過度の(為替)変動は金融安定への悪影響とし、強いドルが米国の利益とする見解を共有しているとの発言がされた。また、米連銀総裁からの追加金融緩和にたいする消極的発言なども飛び出し、ユーロ高・ドル安の流れを反転させた。

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

7日の金相場・プラチナ相場日記

10/07 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,802円/g
銀  :67,830円/kg
プラチナ: 4,894円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,729円/g
銀  :63,840円/kg
プラチナ: 4,706円/g
●前日比
金  : +0円
銀  : +110円
プラチナ: +29円

ニューヨーク商品取引所6日の金塊先物相場は、米雇用指標の悪化によるドル安進行を背景に上昇、前日比$7.50高の$1346.40と連日の史上最高値更新となって終了した。米民間雇用サービス会社ADPの9月の雇用統計は、非農業部門前月比が市場予想2万人増加に対し3万9000人減少となり、米景気先行き不安から追加金融緩和策への可能性が一段と高まってドルは主要通貨に対し軟化していった。市場では買われ過ぎ状態への注意もではじめている。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

6日の金相場・プラチナ相場日記

10/06 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,802円/g
銀  :67,720円/kg
プラチナ: 4,865円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,729円/g
銀  :63,740円/kg
プラチナ: 4,677円/g
●前日比
金  : +66円
銀  :+2940円
プラチナ: +73円

ニューヨーク商品取引所4日の金塊先物相場は様子見ムードのなか、対ユーロでドルが堅調となったことを眺めて小緩み、前日比$0.70安の$1315.40で取引を終了した。一時強含んだものの、今週は日・豪・欧州の政策金利や米雇用統計などの発表を控えており仕掛けづらくなった模様。本日発表された米中古住宅販売件数は改善、製造業受注は悪化と経済指標は強弱まちまちとなったが、アイルランド中銀が2010年、2011年のGDP見通しを下方修正したのをきっかけに欧州財政不安が広がり、ユーロが軟化してドル堅調となった。

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

5日の金相場・プラチナ相場日記

10/05 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,736円/g
銀  :64,780円/kg
プラチナ: 4,792円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,664円/g
銀  :60,800円/kg
プラチナ: 4,604円/g
●前日比
金  : +0円
銀  : -420円
プラチナ: -20円

ニューヨーク商品取引所4日の金塊先物相場は様子見ムードのなか、対ユーロでドルが堅調となったことを眺めて小緩み、前日比$0.70安の$1315.40で取引を終了した。一時強含んだものの、今週は日・豪・欧州の政策金利や米雇用統計などの発表を控えており仕掛けづらくなった模様。本日発表された米中古住宅販売件数は改善、製造業受注は悪化と経済指標は強弱まちまちとなったが、アイルランド中銀が2010年、2011年のGDP見通しを下方修正したのをきっかけに欧州財政不安が広がり、ユーロが軟化してドル堅調となった。

| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

4日の金相場・プラチナ相場日記

10/04 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,736円/g
銀  :65,200円/kg
プラチナ: 4,812円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,664円/g
銀  :61,220円/kg
プラチナ: 4,624円/g
●前日比
金  : +22円
銀  : +840円
プラチナ: +37円

ニューヨーク商品取引所30日の金塊先物相場は利益確定の売りに押され下落、前日比$0.70安の$1307.80で取引を終了した。序盤はドル安を手掛かりに買いが先行し、史上最高値を更新。その後は、9月の米シカゴ購買部協会景気指数や米新規失業保険申請件数など、米経済指標が市場予想よりも良好な内容となったことを受けてリスク回避の動きが後退し、金相場は売り優勢の展開となった。ドルの反発にも圧迫され1300ドルの大台を割り込んだが、押し目買いの動きもあり、下げ幅を縮小して引けた。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

1日の金相場・プラチナ相場日記

10/01 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,714円/g
銀  :64,360円/kg
プラチナ: 4,775円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,642円/g
銀  :60,380円/kg
プラチナ: 4,587円/g
●前日比
金  : -12円
銀  : -530円
プラチナ: +22円

ニューヨーク商品取引所30日の金塊先物相場は利益確定の売りに押され下落、前日比$0.70安の$1307.80で取引を終了した。序盤はドル安を手掛かりに買いが先行し、史上最高値を更新。その後は、9月の米シカゴ購買部協会景気指数や米新規失業保険申請件数など、米経済指標が市場予想よりも良好な内容となったことを受けてリスク回避の動きが後退し、金相場は売り優勢の展開となった。ドルの反発にも圧迫され1300ドルの大台を割り込んだが、押し目買いの動きもあり、下げ幅を縮小して引けた。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »